コラボレーション

  • 株式会社 千總

    三条通烏丸西入御倉町八〇番地は、京友禅の老舗「千總」が弘治元年<1555>の創業以来、450年余もの長い間「店」を構えてきた場所。「伊右衛門サロン京都」では「千總」の京友禅デザインを用いて、物販商品やポストカードなど様々な形で展開しております。「千總」の伝統に約束された染めの技術、柄の数々、美しい斬新なデザイン性は今に受け継がれています。

    株式会社 千總 ホームページ

  • カフェ・カンパニー(株)/企画&オペレーション

    社名に冠した「CAFE」は「Community Access For Everyone=みんなが集まるコミュニティの場」を意味し、街に「カフェのある風景」をつくりだすことで、地域に根ざしたコミュニティの形成と、活き活きとしたライフスタイルの提案をし続けています。「カフェを通じて新しいライフスタイルの提案」という志を持ち、「伊右衛門サロン京都」の共同プロデュースに参画しています。

    カフェ・カンパニー(株)ホームページ

  • 撮影:山口規子

    徳岡 邦夫/京都吉兆嵐山本店 総料理長

    日本料理を芸術の域まで高めたといわれる「吉兆」の創業者・湯木貞一氏の孫にあたり、15歳より京都吉兆嵐山本店にて修行。現在は、嵐山本店の総料理長として現場を指揮しながら、トップシェフが集まる世界大会に参加するなど、幅広い活躍を続けています。食が持つ大きな力を一人でも多くの人に伝えたいと願う徳岡氏は、「伊右衛門サロン京都」の志に共感し、強力なアドバイザーとして参加していただくことになりました。

  • 谷口 京/フォトグラファー

    京都生まれ、横浜育ち。日本大学芸術学部写真学科卒。NYを拠点に世界各地を旅し、'04年に東京へ拠点を移す。雑誌、広告、CDジャケット等幅広い分野で活躍。「伊右衛門サロン京都」のオープンにあたり撮り下ろした作品は、店舗リーフレットや店内ギャラリーでご紹介しております。

    谷口 京 ホームページ

  • BOOK246(246CAFE<>BOOK)/書籍プロデュース

    BOOK246は旅をテーマにした本と雑貨の店。地域別に構成されたガイドやマップをはじめ、その地域にまつわる人々の生活、自伝、エッセイ、小説や写真集などの書籍類をはじめ、旅人が愛用している筆記用具や文具、アーティストTシャツ、海外買付け雑貨など「旅心」をくすぐる商品を取り揃えております。 「伊右衛門サロン京都」店内に設置されたライブラリーでは、京都とお茶を中心にした文化や芸能、作品などの読み物を選書しています。販売コーナーでは一部商品をお買い求め頂けます。

    BOOK246 ホームページ

  • 朝日焼/茶器

    朝日焼は、平等院を望む宇治川のほとりで慶長年間(1596-1615)開窯された窯元のひとつ。初代は小堀遠州より指導を受け「朝日」の二字を与えられたとされている。茶処宇治という土地柄茶人に好まれ、茶陶としての地位を築いてきた朝日焼はその伝統と技術を子から孫へと継承し今も宇治にてその窯を守り続けています。
    宇治茶とともに親しまれてきた朝日焼の宝瓶(急須)は、お茶をより美味しく頂けるように研究が重ねられ、至福のお茶のヒトトキを演出してくれます。POPなカラーバリエーションの茶器はティーカウンターでお楽しみ頂ける他、物販コーナーでも一部販売しております。

    朝日焼 ホームページ